WordPressを快適に更新できる環境を作るぞ!

「あめツール – バックアップ(CSS・フリースペース・フリープラグイン)」の使い方

ここでは、「あめツール – バックアップ(CSS・フリースペース・フリープラグイン)」の使い方を説明します。

まず、アプリを起動します。するとアカウントの一覧画面が表示されます。初回起動時は右上の[+]ボタンをタップしてアカウントを登録します。

バックアップを作成するアカウントをタップします。

この画面にはバックアップ済みのデータの一覧が表示されます。バックアップを行うには、右上の[アクション]ボタンをタップして、[バックアップ]をタップします。

バックアップ処理がはじまると、画面上部にバックアップ状況が表示されます。バックアップするデータは、CSS/フリースペース/フリープラグインの内容です。

バックアップが完了すると、下の画像のようにフォルダが作成されます。フォルダ名は「年_月日_時分秒」で作成されます。下の例の「2014_0616_215745」というフォルダには、2014年06月16日21時57分45秒に作成したバックアップデータが保存されてる。ということになります。それでは、この「2014_0616_215745」をタップします。(編集をタップするとフォルダを削除できます)

バックアップしたデータの一覧が表示されます。(編集をタップするとファイルを削除できます)

「free_plugin.txt」には、プラグイン(http://blog.ameba.jp/ucs/plugin/freeplugininput.do)の内容が保存されています。

同様に、「free_space.txt」にはフリースペース(http://blog.ameba.jp/ucs/profile/srvprofileupdateinput.do)の内容が保存されています。

「style.css」にはCSS(http://blog.ameba.jp/ucs/editcss/srvcssupdateinput.do)の内容が保存されています。

以上、「あめツール – バックアップ(CSS・フリースペース・フリープラグイン)」の使い方でした。

ここまでの手順を動画でも確認できますので、参考にしてください。